nobigawa.com

アラフォーフリーランサーの気のまま雑記ブログ

ブログ運営

ワードプレスを高速化するプラグイン「WP Fastest Cache」を入れたらすごかった

投稿日:2017年4月6日 更新日:

ワードプレス高速化プラグインを入れたらすごかった

ワードプレスの設定をひと通り終わらせ、記事を増やしております。
そこで気になったのがブログの表示スピード。

「このブログ、いい記事ばかりなのにオッセェー」
みなさんも経験したことがあるのではないでしょうか。


自分のブログはまだ駆け出しなのでいい記事ばかりかどうかはさておき・・・
表示スピードの遅さが体感でわかるレベルでした。

今回は表示スピードを改善させるプラグインを紹介します。
本当に高速化されますよ。

ブログの表示スピード確認の方法

以前ホームページを作った時にお世話になったブックマークレットがあります。

【これは便利】あなたのWebサイト表示のどこが遅いかを一発で調べるブックマークレット

これで自分のサイトをチェックしてみました。

遅いと言われてしまいました。
ちなみに今回だけかと思って何度か試しましたが同じような数字が出ました。

表示が遅い原因

表示が遅くなっている原因は色々と考えられます。

  • 読み込む画像のサイズが大きい
  • 読み込む画像の数が多い
  • HTMLやCSSが複雑
  • 複雑なJavascriptを使っている

他にも考えられますが、初心者の自分にはどう手をつけていいか難しいものです。

どうしたものかと調べたらこんなサイト↓を見つけました。

WordPressキャッシュプラグインの最終兵器「WP Fastest Cache」

ここでワードプレスの高速化にはキャッシュプラグインが必須とのこと。
やはり有効なプラグインに頼るのが一番だと思いました。

WP Fastest Cacheがオススメな理由

ワードプレスのキャッシュプラグインで自分がオススメするのが「WP Fastest Cache」です。
オススメするポイントとしては
・日本語化できる
・設定が簡単
・キャッシュのクリアも簡単

簡単に設定

プラグイン>新規追加で「WP Fastest Cache」と検索をかけてインストール、有効化します。

有効化するとダッシュボードの上にチーターのアイコンが表示されました。
ダッシュボードメニューにもできたチーターのアイコンをクリックするとWP Fastest Cacheの設定画面になります。

まず言語を日本語にして変更を保存をクリックすると表示が日本語になります。
ちなみに自分は「AdRotate」というプラグインを入れていたので外してというエラーが出ました。

AdRotateを外したら保存できるようになりました。

次に設定ですが、自分は先ほどのサイトを参考に以下のように設定しました。

あくまでも自分なりの設定なのでベストではないかもしれません。

プラグイン導入後

プラグイン導入・設定したら早速ホームページを表示させてみました。
すると今までのもっさり感がなくなり、すぐ表示されました。

続いて表示スピードを確認しました。

ごっつい早いとの評価を受けました。
まだブログの内容が薄いからこうなっているからだと思っています。
ここからコンテンツができてくれば遅くなっていくのでしょう。

終わりに

ワードプレス高速化はイェェェーーーツ!!
ジャスティス!!
と叫びそうになりました。

-ブログ運営
-, ,

Copyright© nobigawa.com , 2019 All Rights Reserved.