nobigawa.com

アラフォーフリーランサーの気のまま雑記ブログ

日々のつぶやき

ワールドプレスとは何なのか

投稿日:

ワールドプレスとはのアイキャッチ

引きこもりフリーランサーの、のびがわです。
引きこもりの世界大会があればいいところに行けると思います。

そんなプロ引きこもりが世間とのつながりをする上で重要なツールがTwitterです。
TLでのフォロワーさんのつぶやきを見て、自分が生きていることを実感できます。

そんなTwitterを通して色々思うことがあったので紹介します。

ワールドプレスとの出会い

みなさんは「ワールドプレス」というワードを聞いたことがありますか?
自分はワールドプレスに初めて出会ったのはあるブロガーさんのこの記事です。

自分が好きなブロガーさんが共有していた記事です。
この段階でワールドプレスの存在を知っていました。

「ワールドプレスってなんやねん」

ここで自分の頭に渦巻いたことが5つ。

  • 単純にワードプレスをワールドプレスと間違えた
  • マジレスしたら釣りだったということがありえる
  • 共有したブロガーさんが単純にワールドプレスを弄っている
  • もしかしたら一歩先に行ったSEO対策なのかもしれない
  • まさかワールドプロレスか!?

もう考えたらキリがありません。
でもマジレスしたら負けな気持ちがあったので、うまい返しが思いつくまで放置しました。

ワールドプレスとの再会

本日Twitterでとても興味深いつぶやきを見ました。
もうワールドプレスのことなど忘れかけている時でした。

おい、バズっているやんけ!

Twitterのトレンドにもピザポテトに隠れながら一時載りました。
この様子だとPVを稼げたのでしょう。
狙ったとしたらすごいものです。

しかしこのブログ主はこのようにつぶやきました。

本人からしたら真面目に間違えたのでしょう。
しにたいと言うくらいだから相当ショックだったと伺えます。

ワールドプレスで学んだこと

今回のことは大したことではないのかもしれません。
でも自分はこの一件で学んだこと多かったです。

  • 自分が間違えていても勇気を持って記事を書くべきだと言うこと
  • こういうバズり方もあると言うこと
  • 間違えるとしにたくなるくらい恥ずかしいと言うこと
  • 世間は意外と優しくあったかいと言うこと

特に自分は打たれ弱いのでこういうことになると立ち直れないくらい落ち込むかもしれません。
でも世間の反響は思ったより悪くないことを知りました。

自分がこうしたことをできるかどうかわかりません。
でも記事を書く勇気になったのは確かです。

中田さんは誰?

話を変えますが・・・

みなさんは「中田」と聞いて誰を思い浮かべますか?

「なかだ」と読むか「なかた」と読むかでイメージする人が変わるでしょう。
有名人を思い浮かべるかもしれないし、知り合いを思い浮かべるかもしれません。
答えは一つではないでしょう。

間違っているかもしれないし、正解かもしれないです。
出題者の意図次第で答えがどうにでもなります。

また出題者がそもそも間違った問題を出していたと言うこともあります。
例えば答えが仲田さんなのに中田さんだと勘違いしていた時ですね。

今回はワードプレスをワールドプレスと勘違いしただけだと思います。
ただ、それだけのことです。

ちなみに、問題の「中田」さんは・・・
「中田喜直さん」
でした。

この問題を通してみなさんは何を思いましたか?

未来はわからない

スマホ1
ワールドプレスを通して、将来ワードプレスに対抗してワールドプレスができるかもしれません。
ワールドプレスというワードプレスのプラグインができるかもしれません。
未来は誰にもわかりません。

今回の一件でワールドプレスが世界的に推されるワードになることを願うものです。

-日々のつぶやき
-,

Copyright© nobigawa.com , 2019 All Rights Reserved.