nobigawa.com

アラフォーフリーランサーの気のまま雑記ブログ

ブログ運営

ワードプレスのrevision機能が必要なければ削除しよう!

投稿日:2017年5月7日 更新日:

どうも、のびがわです。

先日ワードプレスのrevison controlプラグインを紹介しました。
これはリビジョン機能を制御するプラグインです。

リビジョンとは記事を編集中一定時間が経ったり記事の変更をする度にIDを割り振ってデータを保存する機能です。

ワードプレスでのリビジョン制御プラグインが割とよかった話

どうも、のびがわです。 みなさんはワードプレスで記事を書いている時、書いた記事数よりも異様に割り振られた記事IDが大きいことがありませんか? ワードプレスには標準で記事を下書きや公開など内容を変更した ...

この記事で「WP Revisions Control」を紹介しました。

このプラグインはリビジョンデータを削除したり、リビジョンを保存するデータの数を決めることができます。
ですが完全にリビジョンを保存しない設定にはできないので、記事IDの抑制はできないです。

今回は完全にリビジョンを保存しない設定にできるプラグインを紹介します。

Revision Controlがおすすめ

ブログを書いている時、下書きを何度もしてプレビュー画面で検証することってありますよね?
自分は貧乏性なのか頻繁に下書き保存を指定しまいます。

するとリビジョンが働いて記事IDが増える増える・・・
気がつくと30記事なのにIDが600を超えていました。

思ったのですが・・・
リビジョンを使っていますか?

バックアップのおかげで助かったという人は見かけます。
でもリビジョンのおかげで助かったということをあまり聞きません。

実際、自分もリビジョン機能は全く使っていません。
なので、リビジョンを完全に無効にしようと思います。

そこでおすすめなのが「Revision Control」です。

このプラグインはデフォルトでリビジョンを保存しない設定にすることができます。

Revision Controlの使い方

当たり前ですが、プラグインをインストールして有効化します。

ダッシュボード > プラグイン > 新規追加をクリック
プラグインの検索欄に「Revision Control」と入力し結果から下のプラグインを探してインストール。
検索結果1ページでは表示されないかもしれません。

Revision Controlプラグイン

またはプラグインのホームページからダウンロードし、プラグインのアップロードでインストール。

有効化したあと、設定をします。

ダッシュボード > 設定 > リビジョンを選択。

リビジョン

リビジョンコントロール設定画面でリビジョン設定を「保存しない」に選択。

リビジョン2

固定ページやカスタムCSSは任意で設定してください。

注意点がひとつ。

他のリビジョン制御プラグインを有効化している場合は削除か無効化しておいてください。
でないとRevision Controlが機能しません。

例)WP Revisions Control

保存しない設定になっているか確認する方法

投稿の編集画面の下部に「Post Revisions」が表示されます。
リビジョンコントロールが「投稿リビジョンを保存しない」になっていればOK。

post revision設定

なっていない場合は隣の「デフォルト設定を使用」をクリックすれば変更できます。

既存のリビジョンを削除する方法

Revision Controlはリビジョンを保存しない設定にはできます。
ですが、既存のリビジョンを削除する機能はありません。

そこでプラグイン「Better Delete Revision」の登場です。

このプラグインはリビジョンデータの確認と削除ができます。

インストール、有効化したら使えるようになります。
インストールと有効化は「Revision Control」の時を参照してください。

ダッシュボード > 設定 > Better Delete Revisionと選択
Better Delete Revision Manager画面で「check revision posts」をクリック。

するとリビジョンデータの一覧が表示されます。

下部の「Yes,〜」をクリックすればリビジョンが削除されます。

またデータの最適化をしておくといいですね。

Better Delete Revision Manager画面で「Optimize Your Database」をクリック。

するとデータベース一覧が表示されます。
下部の「Optimise WordPress Database」をクリックで最適化されます。

リビジョンを削除、最適化をしたらプラグインを無効にしてもいいかもしれません。
プラグインを削除している人もいますので、そこは任意で。

終わりに

今回、削除したリビジョンが316と、記事の10倍もありました。

今までと同じだとデータベースが膨れ上がってしまいます。

これで記事IDの増えすぎも防げます。
安心して下書き保存できます。

もっと早く手を打っておけば記事IDが少なくて済んだのかも。

-ブログ運営
-,

Copyright© nobigawa.com , 2019 All Rights Reserved.