nobigawa.com

アラフォーフリーランサーの気のまま雑記ブログ

バイク

原付乗りを悩ます独自の交通法規

投稿日:

原付の独自法規

どうもこんにちは。のびがわです。
自分は原付の免許を持っていますが、運転をしていて気になることがあります。

それは原付には独自の交通法規があることです。

免許を持っている方ならわかるかもしれません。
今回の記事は原付乗りに向けて送ります。

原付を運転している方にはあるあるネタとして
これから原付の免許を取られる人には勉強になることだと思います。

原付独自のルール

原付乗りを悩ませる独自のルールが二つあります。

  • 30キロの速度制限
  • 二段階右折が必要かそうでないか

このルールが原付の運転を難しくさせているのかもしれません。

30キロという中途半端な速度制限

原付は原則30キロまでしかスピードを出してはいけません。
それ以下の制限速度がかかっていない限り30キロまでです。

ただ制限速度から10キロくらいはグレーゾーンという認識です。

制限速度から15キロぐらい速くなるとスピード違反で捕まりやすくなります。
そこは警察官次第なので判断は難しいです。

何かあった時に30キロ以上を出していると心証は悪くなります。
交通事故を起こした時に制限速度よりも出していると過失割合に影響することがあります。

30キロという速度制限の理由は、原付の排気量が影響しています。
車体が小さいものが多く、スピードを出しすぎていると運転が安定しないこともあります。

また原付は16歳から取得が可能です。
比較的法令遵守の意識が薄い高校生が原付を運転するので、事故も起こりやすいものです。

事故を起こした時に怪我をしやすく、装備によっては最悪命を落としてしまいます。
それだけ危険なので30キロという速度制限が設けられているのだと思われます。

個人的には30キロでずっと走行しているとトラックや車に煽られることがあるので難しいところ。
スピード違反で捕まりやすく煽られやすいです。

二段階右折かの判断は難しい

原付にとってもう一つ難しい問題があります。
それは二段階右折というものです。

二段階右折とは片側3車線以上の道路から交差点を右折する場合、原付は小回り右折せずに道路の側端にそって曲がることです。

片側3車線以上の場合原付は左車線から右車線まで行くのに危険が伴います。
その危険性を回避するためにの措置です。

二段階右折はこちらの図が参考になります。

例外は標識で判断することになります。

二段階右折禁止標識

片側3車線以上でも二段階右折禁止の標識があれば小回り右折になります。

二段階右折禁止はこのような標識です。

ちなみに首都圏は二段階右折禁止標識が中心です。

小回り右折になる例としては神奈川県川崎市の丸子橋交差点

東京都から中原街道で神奈川方面に走るとあります。

上の画像の左上(歩行者信号近く)に二段階右折禁止標識が見えます。

この場合、都内から中原街道で小杉方面(AからB)に走る時は二段階右折してはいけません。
右車線に車線変更をして小回り右折をしなくてはなりません。

中原街道のこの周辺はUターン禁止標識もあるので要注意です。
怖いと思うなら手前の丸子橋交番前交差点を左に入り、Uターンして右車線に入った方がいいですね。

二段階右折指示標識

片側3車線未満でも二段階右折を指示されている交差点もあります。
こちらの標識があれば二段階右折する必要があります。

川崎から福島県にツーリングに行った際、茨城県の国道でよく見かけました。
愛知県や三重県の片側2車線道路でも見かけます。

場所によっては原付が待機できる埋め込みスペースが設置されているところもあります。

例としては東京都杉並区高井戸西3丁目の環八井の頭交差点です。

環八道路を北上して井の頭通りに側道に入った先にある交差点がそうです。
3車線になりますがわかりづらいので標識が立てられたのでしょう。

トラックやタクシーの通りが多く、標識がないと挙動不審になります。
環八は白バイがうようよしているので注意した方がいいですね。

その他

レアなケースですが・・・

二段階右折指示の標識があって、その先の交差点が点滅信号の場合は判断が難しいところです。
無難に二段階右折をしてもいいのですが、変な感じになります。

信号が点滅する場合は交通量が少なくなるため、小回り右折でもいけそうな気もします。

終わりに

原付の二段階右折に関しては警視庁管轄は非常に厳しいです。
神奈川県警は意外と見逃してくれることが多く感じます。

油断をすると見落としがちな標識。
安全運転はもちろんのこと、原付は切符を切られやすいので注意したいところです。

-バイク
-,

Copyright© nobigawa.com , 2019 All Rights Reserved.